顔の輪郭を引き締める美容クリニックのフェイスリフト

たるみを解消

肌を触る女性

軽く解消

人は、あまりに恐ろしいものを目にしたり、衝撃的な体験をしたりすると、いきなりガクンと老けこむことがあります。ただ、多くの人は段階を踏み、年々、日々、時々刻々とゆっくり老けこんでいきます。いきなりシワが100本になったとか、頬が5センチ一気に垂れ下がっちゃったとか、そういうことはないわけです。ジワジワとシワは増え、ジワジワとお顔はたるむのです。その中でも、特にたるみはお肌のハリが失われていることが原因で、だから早く気づいたならハリを取り戻す成分を注射するという軽い方法で、たるみを解消することは出来ます。使われるのは、お肌のみずみずしさ、ぴちぴち感を出すためにお肌に含まれ、年齢とともにその量が減るヒアルロン酸。注射で補ってあげることで、たるんだ部分をふたたび、みずみずしい感じに戻してくれるんです。

ハードなたるみ

フェイスリフトは、それに対して「ハードなたるみを解消」するための施術。フェイスリフトの「リフト」とは、モノを引っ張り上げること。つまり、フェイスリフトという言葉通りに物事を考えるなら、この施術は顔を引っ張り上げるといういささか直接的な方法で、たるみを解消してくれるというわけなのです。もはやヒアルロン酸などの注射ではたるみは解消できないとなった場合に行われるこの施術は、「施術」というよりはハッキリ「手術」と言っちゃったほうがいいものです。フェイスリフトは、耳たぶの付け根の部分をメスで切り、物理的にほっぺたの皮膚をグッと引っ張り上げ、余分な皮を切り取っちゃって、縫い合わせるという手術なのです。

フェイスリフトを受ける場合の注意点

肌は年齢とともに衰えます。どんどん肌がたるみ年齢が顔に出てしまいます。そんな顔のたるみをしっかり取って若返りを図ることが出来る”フェイスリフト”は女性の憧れです。そんなフェイスリフトを受ける際、いくつか注意しなくてはいけない点があります。それはどんな事でしょうか。フェイスリフトと言ってもメスを使って皮膚のたるんだ部分を取り除きリフトアップする方法と、メスを使わずヒアルロン酸注射などで肌をハリのある状態にするやり方があります。しかしメスを使わない方法は一時的なものでもあり効果が無くなれば元の状態に戻ってしまう事を頭に入れておきましょう。自分にはどんな施術方法があっているのか、しっかりカウンセリングの時間を取ってもらい納得のいく施術をしてもらいましょう。

フェイスリフトを受ける場合の豆知識

フェイスリフトといっても顔の色々な部分の施術をする事が出来ます。一般的に頬のたるみを取るというイメージを持っている人が多いかもしれませんが、それ以外でも施術する事が出来る箇所はたくさんあります。まずほうれい線のしわ、目の上のくぼみ、おでこのしわなど色々あります。それぞれ施術方法も異なります。まずメスを使わないヒアルロン酸注入や糸を使って顔全体をリフトアップする方法、たるんだ皮膚を切開してリフトアップする方法など色々あります。施術する箇所にもよりますがその方法は他にもたくさんあります。もちろん美容外科によっても施術内容が異なるので、自分に合ったフェイスリフトの施術方法を行っているところを見つけて行ってみましょう。